当然、告白時刻でした

2

中学1年生の時におんなじ階級だった女児が可愛出向くて好きになたんですが、当時はまだまだ何者ともお付き合いをした事がありませんでした。

入学引き返し、何ヶ月かしてから林間アカデミーで何日か泊まりで自炊したり、遊戯をしたりという催し物がありました。

そこでおんなじ階級として行動をしてるという、その方の、はしゃぐ特性や、転んで泣いたり、笑ったりやる特性を見ていて、なおさらかわゆいなと思った事を覚えています。

わたしが仮にその方を好きになっても、経験のないわたしにはどうすればお付き合い出来るのかはわかってはいても行動に移せなかったんです。

2日瞳の夜に旦那周囲から、A様が呼ん生じるからどちらどこに来てほしいという通信があり、わたしはドキドキしながらポジショニングへ向かい、何食わぬ形相でどうしたん?なんて言ってました。

若いってそんなになるんですね。

当然、告白時刻でした。

メニューはいたってシンプルで「好きです。お付き合いしてください。反応は林間アカデミーが終わってからでいいよ。」で、わたしは「有難う。わかった。おやすみ。」

わかってはいたものの、心臓が飛び出るんじゃないかはこの時のためにあったのかというほどにドキドキという鳴り響いて周りに人物が居ないか気持ちにしながら座敷に帰りました。

座敷に帰ると旦那周囲が待っていて、手早く問題を聞きたいといった様態。

一部始終を話したら、どうするん?ばかり。

まぁ企てるよと言って濁して寝ました。

何事もなかったかのように残りの林間アカデミーを話し、アカデミーに帰って来まして、壌土に1年生が階級毎に整列して体育座りをしているまま、A様がすぐ近くだったので、根性を出して声を掛けました。

「ええよ」

「なにが?」

「付き合うの」

「有難う」

緊張し過ぎて、交信がおかしかったんですが、どうにか成立してお付き合いする事になりました。

半年くらいでお別れしたんですが、2年生の時もお付き合いして、3階層の時もお付き合いして、高校生2年生の時もお付き合いして何度も復縁したんですが今では友人別の道筋を歩んでいる。

でも、一番仲のいい女児として逢うごと問題が弾む関係になっています。

アネロスヒリックスはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です